handshake

法人のお客様へ ~私たちが解決できること~

中国などへの海外進出や海外ビジネスを語学堪能な弁護士がサポートします。契約書作成、裁判などもご相談ください。福岡事務所は赤坂交差点角、東京事務所は銀座一丁目すぐの法律事務所です。


貴社の中国ビジネス・国際ビジネス、こんな状態はありませんか?

  • 外国語の契約書に突然サインして欲しいと言われる。
  • 契約書に何を書けばよいのか、分からない。
  • 本当にお金を払ってもらえるのか、不安だ。
  • ちゃんと商品が届くのだろうか。
  • 相手からは、政府と関連しているから問題ないと言われる。
  • 身近な方が、最近も失敗したと聞いた。

山上国際法律事務所からの提案

現在、日本各地で中国をはじめとする国際ビジネスが活発になっております。しかし、国によっては、日本とは慣習も取引方法も違う場合があり、国際ビジネスを成功させるには、それらの点をいかに克服するかが重要です。

日本をはじめとする多くの国では、文書として作成した内容は法的に拘束力を有する場合が少なくありません。そのため、文書の作成は、慎重に行わなければなりません。また、日頃からしっかりとした文章を作成することで、トラブルや裁判でも勝てる証拠を確保できることになり、リスクマネジメントにもつながります。

弊事務所では、中国、香港、台湾、ベトナム、タイ等のアジア、欧米企業等との国際取引、国際契約書の作成、対外投資、知的財産権、模倣品対策、訴訟、仲裁等の紛争業務、債権回収、会社設立等を取り扱っております。また、中国語、英語による契約書その他の文書の作成・修正業務も取り扱っております。是非お気軽にご相談ください。

中国・国際ビジネスに関する業務内容例

  • 中国の法律の調査
  • 中国企業への債権回収
  • 国際契約、国際取引に関する法的アドバイス
  • 中国取引に関する紛争解決
  • 中国への投資、会社設立、事業撤退に関するアドバイス
  • 中国語での各種契約書の作成
  • 模倣品対策、その他

セカンドオピニオン業務

一度他の専門家に相談したが、別の意見が欲しいという場合など、弊事務所では、セカンドオピニオン業務も行っております。「他の弁護士にすでに頼んでいるから相談するのは悪い」とお考えになる必要はございません。お気軽にご相談ください。

中国・国際ビジネスに関するQ&A(質問と回答)

中国業務に関するQ&A(質問と回答)を掲載いたしました。皆様のご参考になりましたら幸いです。

中国・国際ビジネスに関するQ&A ▸