corporate-top

もっと気軽に相談したいという皆様へ

ふとした疑問をお気軽に相談できるよう、顧問弁護士契約をお勧めしています。

 

 

こんな問題はありませんか?

  • 社内の法律面をしっかりしたいが、法務部を作る費用がない。
  • 携帯で気軽に相談したい。
  • 緊急で優先的に相談を入れて欲しい。
  • ちょっとした文書をすぐ作って欲しい。
  • 【会社役員の方へ(役員個人顧問)】会社の弁護士とは別に、役員としての責任等について日頃から相談したい。

顧問弁護士は、このような皆様の期待にお答えできることはもちろん、次のようなメリットがあります。顧問弁護士にご興味がございましたら、是非、お気軽にお問い合わせください。

社内の法律面をしっかりしたい

  • • 未収金、売掛金などの債権回収
  • • 法律によるリスクマネジメント
  • • 内容証明郵便、各種契約書の作成
  • • 社内コンプライアンスの強化
  • • CSR(企業の社会的責任)活動
  • • 労働問題(解雇、退職、残業、ストライキ、組合対応…)
  • • 不当な請求、クレーム処理、言いがかり対応

など、企業様は様々な法律問題に直面しております。
こうした問題に対応するため、社内に法務部を設置したいけれども、専門の人材を採用・教育するには、コストもかかれば、時間もかかる…
このようにお考えの皆様は、是非、法務部のアウトソーシングとして、顧問弁護士をご活用ください。顧問弁護士を活用すれば、毎月の顧問料という定額のコストだけで、法律問題に対応するためのエキスパートの知識、経験、技術を、自らのものとして使うことができます。

【会社役員の方へ(役員個人顧問)】会社の役員としての責任等について、日頃から相談したい。

勤務しておられる会社に顧問弁護士がいても、会社の顧問弁護士は会社のための存在ですので、必ずしも役員の皆様の利益のために動いてくれるとは限りません。ときには、役員としての地位や責任、損害賠償請求、報酬や退職慰労金(退職金)請求などで、会社と役員の方の利益が衝突し、紛争となることがあります。また、日頃から、役員の方の個人的な顧問弁護士であれば、気軽に会社の役員としての責任等について、相談することができます。

優先的に相談を受けて欲しい。携帯でも相談に乗って欲しい。

弊事務所では、顧問契約を締結させていただいたお客様のご相談は、優先して設定させていただいております。また、弁護士と携帯電話によって直接連絡が取れますので、法律的なことはもちろん、友人感覚で、気軽にご相談いただけます。

専門的な文書を作って欲しい

企業様の活動においては、取引先と契約書を作ったり、相手方に内容証明郵便を送るなど、専門的な知識が必要となる文書を作る機会が多いといえます。
そこで、顧問弁護士に御依頼いただければ、通常よりリーズナブルな価格にて、これらの文書をご要望に応じて作成させていただけます。
とくに、弊事務所は、企業活動の国際化に対応するため、英語、中国語での文書作成も行っておりますので、この点も是非お気軽にご相談ください(その他の言語についてもお問い合わせください)。

不当な請求や嫌がらせから助けて欲しい

顧問弁護士が対応することで、不当な請求、言いがかりから、企業を守ることができます。是非お早めにご相談ください。

依頼事件は安くなるのでしょうか?

顧問弁護士は、決して料金が高いものではなく、顧問契約を締結させていただいたお客様からの事件の依頼につきましては、ご依頼事件の弁護士費用の割引も行っております。