handshake

法人のお客様へ ~私たちが解決できること~

日本国内における企業間同士や外国企業とのM&A(企業の吸収・合併)・デューデリジェンス(法務調査・法務監査・DD)など、英語・中国語に堪能な弁護士が全力で取り組みます。福岡事務所は赤坂交差点角、東京事務所は銀座一丁目すぐの法律事務所です。


近年ではグローバル化に伴い、企業の業績維持・向上のために国際競争力を必要とする時代となっています。その一方で、海外への事業拡大・海外企業との事業提携も容易となっています。

このような状況で、会社を発展させていくためには、日本国内における企業間同士や外国企業とのM&Aも有効な手段です。しかし、近時の会社法の改正により、M&Aの法的手続も複雑になっており、その手続にミスがあったためM&Aが失敗に終わるリスクもあります。

弊事務所は「会社の事業を拡大したい」「会社の不採算部門を売却して収益を改善したい」「海外の会社に会社を売却したい」など会社の発展を望む皆様のM&Aに関するお悩みを解決します。

「M&A・DD」こんな問題はありませんか?

  • M&Aをしたいけれど、手続きが複雑でうまくできるか分からない…
  • M&Aの対象となる会社が、法的な問題を抱えていないか不安だ…
  • M&Aによって、対象となる会社の許可に影響を与える可能性があるかも…

山上国際法律事務所からの提案

M&Aは、会社の今後に大きな影響をもたらす重要なものです。弊事務所では会社に適したM&Aのスキームをご提案させていただくとともに、M&Aの適法性についてもチェックいたします。

「M&A・DD」に関する業務内容例

  • M&Aスキームのご提案
  • M&Aを希望される会社の皆様に適切なスキームをご提案させていただきます。

  • 法務デューデリジェンス
  • M&Aの対象となる会社が、組織運営や労務関係で法的な問題を抱えていないか、M&Aによって対象となる会社の許認可に影響が生じないかなど、弁護士が対象となる会社の法務についてチェックを行います。

  • M&A手続の適法性チェック
  • 弁護士がM&Aの手続き会社法等の法令に違反するものではないか、法律の専門家の観点からチェックします。

セカンドオピニオン業務

一度他の専門家に相談したが、別の意見が欲しいという場合など、弊事務所では、セカンドオピニオン業務も行っております。「他の弁護士にすでに頼んでいるから相談するのは悪い」とお考えになる必要はございません。お気軽にご相談ください。

M&A・法務デューデリジェンスに関するQ&A(質問と回答)

M&A・法務デューデリジェンス(法務調査、法務監査、DD)に関するQ&A(質問と回答)を掲載いたしました。皆様のご参考になりましたら幸いです。

M&A・法務デューデリジェンスに関するQ&A ▸